スタッフ日記

記事

パトカー追跡による事故

パトカーが、違反車両を追跡する際の交通事故のニュースを見ることが多々ある。

その際、警察発表は決まって、「追跡は適正に行なわれたと判断している」となっている。

しかしですね、警察の内規では事故を誘発するので深追いは禁止されているんやそうですよ。

でもね、警察官とて人の子。こいつだけは許さん!!なんて思ったら、

打ち切るよう指令が飛んでも無視することがあるんやそうな。

ただし、そんなことがニュースに出ることは絶対にないんだって。これ、現役警察官に聴いた話。

でもって、これ今週のニュース

飲酒検問を突破した乗用車を緊急走行で追っかけたパトカーが事故ったってんですけどね。

飲酒検問突破して逃走って、さも凶悪犯が如き発表の仕方してますけど、これぜんぶ合法ですよ。

そもそも検問は任意で止まらないのは合法。逃走と言うのは筋が違いすぎ。

「今後、緊急走行中の事故防止について指導を徹底したい」って、何??このコメント。

まるで他人事のように感じてしまうんですけど。それに、今まで指導してなかったとでも??

これじゃ、被害者や遺族が気の毒過ぎるでしょ。

真摯に受け止めて、信頼される警察を取り戻さにゃあならんのやないの??。

なんてね、そう思わずにいられないボクなのでした。

では、またっ

記事

放置自転車で「おとり捜査」

これ、金曜日のニュースなんですけど、こんなのも「おとり捜査」っていうのかね??

泥棒した自転車で泥棒を釣り上げようって鍵まで壊してですよ。

確かに、窃盗犯捕まえるのも仕事だろうけど、窃盗犯作るの仕事にしちゃ駄目でしょ。

犯罪を未然に防ぐのが警察官としての責務だろうに。

交通違反だって、違反しやすいように罠を張って待ち構えて捕まえるもんなぁ。

警察の体質そのものがそうなんだろ。検挙実績稼ぐのに一番手っ取り早いもん。

しかしまぁ、警官ってのは所有者にいち早く返してあげなきゃって気配りは出来んのかね。

では、またっ

記事

ラウンドアバウト

12月からだったか、道交法が改正されて罰則が強化されるようですな。

でっ、警察庁がアップしたパンフがこちら

道路交通問題調べてさ、罰則強化や交通取締りで事故が減ることは絶対にない。

最も効果あるのは、歩行者と運転者に自覚させること。これが、たどり着いた結論。

イギリスなんかじゃ、パトカーや白バイなんかで取締りなんてしてないし、

隠れて違反者を待ち構えるような姑息な取締りも絶対しないのに、交通事故発生率は日本の1/3.以下。

警察による年間1000万件以上もの取締りが、如何に事故防止に役立ってないかが明白でしょ。

でさっ、この警察庁のパンフの一番下の左側。イギリスに多くある、交差点の形式を取り入れてる。

ラウンドアバウトってんだけど、信号がないけど交差点で必ず減速せにゃならんので

自然に、危険な速度で走行する車がなくせるのよ。

交差点毎に信号があるから、急いでたら間に合うようにアクセル踏む日本のシステムとはぜんぜん違うでしょ??

このシステムは、警察の利権と相反するから、どこまで導入するんだろ??

もしかして、交差点毎に一時停止の標識付けて待ち構える??

なんて思ってたら、長野に試験的に導入したラウンドアバウト。すべてに一時停止の標識付けてたようね。

ちなみに、イギリスのラウンドアバウトを説明したサイトがこちら。ねっ、一時停止は必要ないでしょ。

何時でも捕まえられるように違反となるハードルを低くして待ち構えて検挙。

警察ってのは、円滑な交通より、やっぱ、利権の方が重要なようで。

では、またっ

記事

祝、1歳

去年のいい夫婦の日、姪っ子が生まれたのです。

奇しくも、koseちゃんさんの初孫と同じ日の誕生でした。

ただ、この姪っ子ちゃん。超未熟児で生まれたときの体重が573g。

口には出せなかったものの、ちゃんと育ってくれるのか不安だったのですよ。

でもねぇ、ちゃんと誕生日を祝えるまでに育ってくれてる。

京大病院の医者って凄いよねぇ。

DSCF1104.JPG

あいるちゃんってんですけどね、可愛いっしょ??

親馬鹿ならぬ、叔父馬鹿になりそうですわ。

では、またっ

記事

収賄無罪で地検が控訴 福岡の捜査情報漏洩

これ、日経の記事の見出しなんだけど、無罪判決出たときの記事がこちら

でっ、この記事の中でワテが唸ったのがこの一文。

中村被告は公判で収賄罪について大筋で起訴内容を認めていたが、途中で現金授受の「日時と場所が起訴内容と異なる」と重要部分で供述を変えた。

これじゃ、確かに積み上げられた証拠が無効になる。

ただね、一般人だと調書に記載された内容が裁判所の認定する事実とされてるぞ。

やっぱ裏には、元警官を下獄させたくない国家の思惑があったと推測するね。

検察が、起訴内容の変更を申し出たのに裁判所が却下してる。

この裁判官、最初から実刑判決文書く気はなかったと読み取れるでしょ。

裁判官は、一般人の無罪の証拠には目を瞑り、公務員だと拾い上げる習性を持つんだね。

でさっ、国家の思惑が、そうであったならこの控訴の意味はなんだったんだろ??

すんなり無罪確定では国家的に拙いんで、アリバイ作りのパフォーマンス??

そんな仮定でも、事件が線で繋がるから不思議なんだよなぁ。

では、またっ

1  2  3  4  5

ページ上部へ