スタッフ日記

記事

非常上告

4/7、大阪簡裁がした道交法違反の非常上告の弁論と書かれた最高裁のHPを見たソレガシは、裁判傍聴バカ一代の今井さんに、その審理を見に行って内容を教えてもらうようお願いした。大阪の道交法違反とあれば、あの枚方の信号無視公訴棄却だと思ったからである。報道では枚方簡裁、事件名は大阪簡裁となってるので枚方警察に、道交法の否認事件の処理は枚方簡裁でするのか問合せたところ、枚方ではなく、新大阪の簡裁で処理するんだと言われたのである。人にものを頼む以上、間違っててはいけない。そう思って確認したわけだが、今井さんから違う事件だった。でも、面白いのに遭遇したと連絡が・・。2016年3月12日(土)まで有効の免許証で、14日(月)通行帯違反で捕まり、免許の有効期間が切れてるから反則告知をせず、非反則行為として検察に送致したそうな。検察もそのまま略式で起訴して簡裁判事も反則金と同額の罰金として処理。免許証の有効期限が土日祝日のとき次の平日になる特例に、警察官も検察官も簡裁判事、書記官の誰もが気付かなかったのである。でっ、それが発覚したので検事総長が非常上告したってのが、この事件の真相だったのです。間違えたとはいえ、いや間違えた故、一つ勉強することに。今井さんに感謝です。では、またっ

 

 

 

ページ上部へ