スタッフ日記

記事

激レア、簡裁道交法に遭遇

5/9(水)、長野の酒メッセってイベントを目掛けて東京へ行き、夕方まで東京地裁で裁判傍聴。朝一番、タブレット開廷表で、興味ありそうな事件をピックアップ。道交法やら窃盗の審理を一通り見て、15時半。今井さんが、今日は簡裁で道交法の新件が有るんですよ。茶釜くん、ラッキーだねえ。っと誘ってくれ、826号法廷へ。被告人は40代の会社役員。首都高速八丁堀のオービス、50キロ制限を57キロ超える107キロで撮影され、計測速度は争わず超過速度の違法性が納得できないと主張するのでありました。略式に同意し、判決を不服として正式裁判を申し込んだのか??でないとこんな事件、法廷に出てくyるとは考えにくいじゃない。ねえ??その時間帯、首都高は80キロ~90キロで流れていて、107-80=27キロの違反に留まるべきと主張。ふむふむ、裁判的には通らないけど、合理的な主張とソレガシはノートに書いた。被告人質問になって検察官が、撮影された車両はすべて、制限速度+50キロ以上で撮影されていることを暴露。その上、制限速度の50キロで走行すると事故を誘発して危ないと主張する被告人に対し、『貴方は50キロ以上オーバーして走ったから撮影されたんで、これからは80キロで走行してくださいね。そしたら、もう取締りは受けないんだから。良いですね??』なんて言うもんで、もうソレガシは可笑しくて。ってか、検察官がそれ言っちゃダメでしょ。求刑は罰金8万円。判決は、6/1(金)15時30分と決め閉廷。判決見届けは今井さんにお願いし、プリンスホテルへと急ぐのであった。では、またっ

記事

花粉症

スギの花粉飛散が始まってるようである。今日、訪問した会社の総務の担当者の方も重度の花粉症で、鼻水が止まらないと嘆いておられました。例年ならとっくに薬に頼っているソレガシであるが、2~3日前からhttp://www.hatsuratsu.me/breathe-easy/こんなのを試していて、鼻水タラリなんてのが、まだ起こっていないのである。シーズンはまだまだ長いが、このまま薬なしで過ごせたら、こんなに健康的な事はない。なんてね、思う次第。では、またっ

記事

控訴答弁書

今年、弊社を原告として現状回復費用を請求する裁判を起こした。残置物の写真や、経過を記録した証拠を出しての裁判なので、当然ながら100%主張が認められての勝訴である。仮執行が出来るとの一文も付いている。がっ、一審に一度も出廷しなかった被告が、控訴したと大阪地方裁判所より連絡が入ってきたではありませんか。むむむむむぅ、手間を取らせてくれるではないか。だがっ、控訴答弁書の書き方を調べたりってのは、裁判傍聴マニアの某には苦痛では無い。むしろ、楽しくてしょうがないのである。高裁の審理も多数見て、控訴審ってのが、どんなものなのか知っていたのは武器になった。高裁担当検事が控訴棄却を求める魔法の名文を、答弁書にしっかりと使わせて貰った。では、またっ

記事

ぶどう狩り

交野市のぶどう狩り、某の家からは歩いていける距離である。交野市に移り住んで21年になるが、ぶどう狩りには行ったことが無い。一度は行ってみなければと思っているところに、互助会から案内が来た。ってことで、この機会にと行ってきました。

e2758aa5-s[1].jpg

シートとバケツ、氷を用意して行ったのだが、ござとバケツと鋏が無料で貸し出ししてくれるようである。なかなか親切では御座らぬか。日陰を選び御座を敷き、バケツに氷を放り込み、濃く色付いた葡萄を選んで、切って冷やして食べるの繰り返しなのだが、そんなに葡萄ばっか食べれる筈もなく、3房も食べればウンザリである。がっ、農耕民族の血が騒ぐのか、自分で捥いで食べるというのは、まこと楽しゅうございまするな。では、またっ

 

 

記事

軽自動車車検にチャレンジ

昨日は、軽自動車の車検に初チャレンジ。高槻の検査場の前を、素通りすることはあっても降り立つのも初のことである。窓口で申請用の書類を貰い、車検証を見ながら記入。手数料、税金、保険料を支払い検査コースへ。2列しかないコースには軽自動車がズラリと順番待ちが並び、不慣れなユーザー車検受験者が多いのか進むのも遅い。せめて、あと2つ位はコースを増やせばと思いつつ、大人しく順番を待つのでありました。0000006903[1].jpg

コースに入ると係員がべったりと横に付き、ああだこうだと指示を出すのですが、この辺は陸運局よりも親切。多分、そうしないと時間が掛かり過ぎるんでしょうな。検査自体は直ぐに終わり、無事、車検証をゲットしたのでありました。では、またっ

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ上部へ